コンテンツにスキップ

シュロス・ヨハニスベルク グリューンラック シュペートレーゼ 白

元の価格 ¥11,011 - 元の価格 ¥11,011
元の価格
¥11,011
¥11,011 - ¥11,011
現在の価格 ¥11,011

みずみずしい果実味が酸との秀逸なバランスが特徴

色合いは、淡い黄金色。
味わいは、パイナップル、オレンジの皮、パッションフルーツ、ライム、など様々な果実の香りが立ち昇り、ミネラル感や熟したリンゴのニュアンスと共に感じられます。みずみずしい果実味が酸との秀逸なバランスと共に口の中に広がり、舌の上に微かなクリーミーさを残しながら長い余韻へ続きます。

飲み頃の温度は、7℃~9℃です。


ラインガウを象徴する世界初のリースリングワイナリー

「シュロス・ヨハニスベルク(聖ヨハネ山の城)」のブドウ畑は、何世紀も前に定められた単一畑としての厳密な区画を今日も維持し続けており、その中心部には北緯50度線が通っています。(ドイツワイン法によって畑名だけがラベルに表記されることが許された、特別な5つの単一畑のうちの1つです)。

817年に皇帝ルートヴィヒ1世がブドウ畑を所有した記録があり、1200年を超えるドイツでも有数の銘醸地として知られています。1100年、ベネディクト会修道士によってこの地に修道院が建設されました。1720年にドメーヌの大部分にリースリングの植樹がなされ、1775年ブドウの遅摘み法がこのシュロス・ヨハニベルクにて発見されました。1816年には、オーストリア皇帝によって、ナポレオン支配後のヨーロッパに平和をもたらし、ウイーン会議でのヨーロッパについての取り決めを担った「ウイーン会議」の議長を務めたメッテルニヒ皇子に、彼の功績をたたえ、このエステートが贈られました。


1942年には第二次世界大戦によって一部が破壊されたものの、1971年にワイン法によって単一畑の認定を受け、リースリングの畑として、世界で最も長い歴史を持つドメーヌのひとつとして名声を高めるまでになりました。


シュロス・ヨハニベルクのセラーマスターによって、リースリングをはじめとした高品質スパークリングワイン(フュルスト・フォン・メッテニヒ)も造られています。

同商品の375mlはこちら

※商品のラベルデザインは変更になる可能性がございます。


ワインの種類 :白ワイン

ワインテイスト:甘口

ワイン原産エリア:ラインガウ

ブドウの品種:リースリング 100%

原産国:ドイツ

おすすめ料理:

内容量(ml):750ml

人気ランキング