ROJI MAGAZINE

ROJI日本橋の美味しい情報をお届けするWebマガジン

販売開始から70年超、国分のコンビーフの歴史とラインナップのご紹介

国分のコンビーフの歴史は長く、1951年(昭和26年)に「K&K コンビーフ(190g)」を発売開始し、以来71年の間にさまざまなコンビーフ缶詰を世の中に発信し、改良を重ねて続けています。

変わらない2つのポイント①缶詰が台形

コンビーフの缶詰めは特徴のある「台形」で、この点は販売開始以来変わりません。
この理由は肉の酸化を防ぎ、保存性を高めるためです。
枕缶と呼ばれている台形の缶詰は面積が大きい側から肉を詰め、缶の中の空気を抜きます。
これにより、肉の酸化を防ぎ、保存性を高めています。

変わらない2つのポイント②牛肉のほぐし肉

コンビーフの中身は大きな牛肉の塊から丁寧なほぐし工程を経て仕上げた「ほぐし肉」から調理・製造されています。柔らかくて料理素材としてとても使いやすいお肉の缶詰です。

見覚えのあるパッケージデザインはありますか

初代コンビーフから現在に至るまで、パッケージのデザインも変更しています。
見覚えのあるデザインはありますか?

1951年 初代 K&Kコンビーフ 発売

1961年  K&K ニューコンビーフ 発売

現在の名称は「ニューコンミート」と変更されています。

昭和から平成にかけてのデザイン変更

国分のセールスカー 「コンビーフ号」

1997年  K&K コンビーフ デザインリニューアル

2019年 枕型缶詰の生産終了

2020年 新 K&Kコンビーフ 新  K&K ニューコンミート誕生

現在の国分のコンビーフ 3つの特徴

1)使い切りサイズに変更

内容量を100gから80gに変更し、使い切りサイズになりました。

2)黒毛和牛脂使用

ほぐし肉に「黒毛和牛脂」を加えて、口当たりがまろやかになりました。
(脂肪分1/2カットコンビーフを除く)

3)簡単オープン

キャップシールを採用し、簡単に開封することが出来るようになりました。

コンビーフのアレンジ商品や話題の大豆ミートを使った缶詰

これまで、世の中の「食のトレンド」に合わせ、時代に合った商品開発をしてきました。脂肪分カット、減塩タイプといった健康を意識したコンビーフや、たまごかけご飯に合うコンビーフなどさまざまな商品を開発してきました。
2022年には大豆ミートで話題の植物性素材を使用して、肉の様な食感を再現したコンビーフスタイルのプラントベースミートを発売しました。

2014年 缶つま コンビーフ ユッケ風 発売

お客様のアレンジレシピからヒントを得て開発しました。2020年にデザインリニューアルしました。

2017年 K&K たまごかけごはん専用 コンビーフ 発売

2018年 K&K 塩分1/2カット コンビーフ 発売

2020年にデザインリニューアルしました。

2018年 K&K シーチキン®コンビーフ 発売

※シーチキンは、はごろもフーズ株式会社の商標登録です。

2020年にデザインリニューアルしました。

2020年 K&K たまごかけごはん専用 コンビーフ リニューアル発売

黒毛和牛の牛脂を配合してより美味しくリニューアルしました。

2022年 K&K プラントベースミート(コンビーフスタイル)発売

大豆ミートで話題の植物性素材を使用し、お肉のような食感を再現したコンビーフスタイルのプラントベースミートです。

キャンペーン情報

『あなたはどっち?動物性派?VS植物性派?』ツイッターキャンペーンを実施中です。

(応募期間2022年7月25日~8月7日)

K&K tabete公式

お買い求めはROJIオンラインにて

すべての商品は、ONLINE STOREにて購入可能です。

関連する記事