ROJI MAGAZINE

ROJI日本橋の美味しい情報をお届けするWebマガジン

煮汁の最後の一滴まで美味しく食べられる缶詰シリーズを使った素麺レシピ「さんまの和風和え麺」

煮汁を最後の一滴まで飲み干せる、鰹と真昆布で優しい味付けに煮付けた「K&K 日本のだし煮 さんまだし煮」と塩昆布の旨味で味わうシンプルで体に優しい和風和え麺の素麺レシピです。

メインの食材 K&K 日本のだし煮 さんまだし煮

今回使うメインの食材はK&K 日本のだし煮 さんまだし煮です。
国内で水揚げされたさんまを、鰹と真昆布でやさしい味付けに煮付けました。
煮汁を最後の一滴まで飲み干せます。

材料&作り方

茹でた素麺にさんまだし煮、塩昆布を入れて和えるだけで完成です。

1人前の分量です。

K&K 日本のだし煮 さんまだし煮1缶
塩昆布10g
水菜15g
素麺1人前(2輪)

①水菜は5センチ程度の長さにカットします。
②素麺を茹でます。
③ボウルにさんまだし煮と塩昆布、②を入れ和えます。
④器に盛り①を添えて完成です。

完成イメージ

さんまだし煮の商品そのものの優しい味わいと塩昆布の旨味の組み合わせによるシンプルで美味しい味わいが体に優しい和風和え麺です。

レシピで使った商品

K&K 日本のだし煮 さんまだし煮

国内で水揚げされたさんまを、鰹と真昆布でやさしい味付けに煮付けました。煮汁を最後の一滴まで飲み干せます。

こちらの商品は、ONLINE STOREにて購入可能です。

贈答品としても喜ばれる「手延そうめん 揖保乃糸 特級品」のお徳用を販売中

国分が展開している地域応援クラウドファンディング「食と酒の未来勘所(みらいつぼ)」では、手延そうめん「揖保乃糸」の中でも厳選された原料小麦粉を使用し、選抜指定された熟練製造者のみが製造できる特級品のお得用サイズを販売中です。

日本のだし煮シリーズのご紹介

これまでの魚の缶詰は、水煮、味噌煮、かば焼き、オイル漬けが主流の中、「だし煮」という新しいカテゴリーの商品です。
健康志向の拡大に伴い青魚缶詰のニーズが高まったこと、また和食回帰に伴って「だし」が見直され、塩味をうま味で補う「だし」の人気を背景に開発しました。
商品の塩分は魚体や「だし」に含まれている塩分のみ、食塩は使用していないため、塩分が気になる方にもおすすめです。煮汁を最後の一滴までおいしくお召し上がりいただけます。

K&K 日本のだし煮 さんまだし煮

国内で水揚げされたさんまを、鰹と真昆布でやさしい味付けに煮付けました。煮汁を最後の一滴まで飲み干せます。お好みで、ポン酢や醤油等を加えても美味しく召し上がることができます。

K&K 日本のだし煮 さばだし煮

国内で水揚げされたさばを、鰹と真昆布でやさしい味付けに煮付けました。煮汁を最後の一滴まで飲み干せます。お好みで、ポン酢や醤油等を加えても美味しく召し上がることができます。

K&K 日本のだし煮 いわしだし煮

国内で水揚げされたいわしを、鰹と真昆布でやさしい味付けに煮付けました。煮汁を最後の一滴まで飲み干せます。お好みで、ポン酢や醤油等を加えても美味しく召し上がることができます。

日本のだし煮シリーズは、ONLINE STOREにて購入可能です。

関連する記事